MENU

プロミスと三井住友銀行ってどういう関係?

プロミスと三井住友銀行の関係について考えてみましょう。
プロミスの会社の正式名は「SMBC(エスエムビーシー)コンシューマーファイナンス株式会社」と言います。そして、その会社は三井住友銀行グループというフレーズも付け加えています。どういうことなのでしょうか。

 

プロミスと三井住友銀行との関係

プロミスは元々単体の消費者金融として業務を行っていましたが、過去に過払い請求などで消費者金融はどこも軒並み経営難に陥りました。それで、プロミスは三井住友銀行と業務提携し、銀行の支援を受けることで再起を図りました。もちろん、銀行の支援を受けるからと言って、プロミスは銀行ではありませんので、消費者金融としての法律が適用されますが、銀行の支援を受けることで経営が安定したと言えるでしょう。
プロミスはその業務提携により、その利点として両方とも三井住友銀行に普通預金口座・キャッシュカードを持っていれば、審査申し込み・契約までの手続きがすべてWEB完結することができます。契約を完了すれば、三井住友銀行の預金口座にすぐに振り込んでもらうことも可能です。三井住友銀行カードローンの場合は、審査までなら口座を持ってなくても、持っていても最短30分で行ってくれます。返済に関しては、銀行ATMやコンビニATMで返済できますし、インターネットバンキングからの返済、そして毎月の口座引き落としも選ぶことができます。プロミスも三井住友銀行も双方のATMネットワークを生かして借入・返済のATM手数料を無料化したり、また三井住友銀行もプロミスからカードローン業務について提携することで、双方の顧客にそれぞれのサービスを生かせるという良い方向に向かうことができたのです。